読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チラ裏備忘録

考えたことを忘れないうちに。アイドルのこととか (@J_kiku7)

24時間テレビ39とバリバラを見た感想

 

24時間テレビを生まれて初めて頭から終わりまで見ました。
大好きなNEWSがこんなに大きな番組にメインで関わったことがとても嬉しく思います。
全編を通してNEWSはずっと素晴らしかったし、私が勝手に持っていた期待を軽々と超えていきました。
もう、なんか、好きという気持ちが増えすぎて戸惑っているし言葉にできない!とにかく今はお疲れ様でした、という気持ち。
そしてこの夏を超えたNEWSにまた勝手にいろいろ期待してしまっています。きっとまた軽々超えていくんだろうな!

 

そして裏でやっていたバリバラも見ました。

24時間テレビ批判だと思って身構えて見たのですが、「批判ではない」と何度も言っていたりNHKアーカイブから振り返ったりと、単純な批判で終わらせていなくてすごいなと思いました。最後に「24時間テレビにオファーがあれば出演したいか?」という質問に全員が手を上げていたのも印象的でした。もっとたくさんこのテーマについての討論を聞きたかったです。


私は健常者と呼ばれる立場にいますし、身近な友達や親戚に障害者の方もいません。でも小学校2年生までいた学校は田舎だったので自閉症の子や身体障害者の子が同じ学校で学んだり一緒に遊んだりしていて、それなりにフラットで変な偏見がないと思っています。(でも無意識的な部分であるのかもしれません)
今までやっていた24時間テレビは一切見たことがありません(去年のはHey! Say! JUMPをもっと知りたくてちょこちょこ見ましたが、彼らがメインのところしか見ていません)。ネットでは毎年のように24時間テレビがどんなに偽善的でキナ臭くいわゆる「感動ポルノ」的であるという批判が、たくさんたくさん流れています。もちろん今年も。
今まではそれを読んで(24時間テレビを見たことがないのに)賛同する部分もあり、見ませんでした。今回もNEWSが出ていなかったら絶対に見ていなかったと思います。
でも実際に見てみて、わざとらしく悲劇を演出しているようなものはなかったと感じました。それは私が健常者だからなのでしょうか。

 

結婚式をやっていない夫婦が番組の力を借りて結婚式をする。未来の日本代表選手の学生が40キロの遠泳をする。ダンスの経験がない学生がたくさん練習してよさこいを披露する。初めて富士登山に挑戦する。プロチームに混ざって練習するサッカー少年が憧れの本田選手と会う。
全編通して私は感動したけど、きっとチャレンジした人が障害者でも健常者でも私は感動していたと思う。私は作品やパフォーマンスを見て感動しました。
オリンピックを見て感動する気持ちと、パラリンピックをみて感動する気持ちに違いがないように、私が今回見た24時間テレビは「感動ポルノ」ではなく「感動」だったように思えたんだけどなあ…。
バリバラでも「感動自体は悪くない」と言っていたし…。

 

「感動ポルノ」と「感動」の違いってとても曖昧で難しいものなのかもしれない、と24時間テレビ論争をいろいろ読んで思いました。

 

24時間テレビをボロクソに批判している人が言っている「24時間テレビ」と、私が見た「24時間テレビ39」は同じものなんだろうか。24時間テレビを批判している人で、実際に見た人は何人いるんだろうか。企画に挑戦したのは障害者の方だけじゃなくて健常者の高校生とか選手とか被災地の子供達とかもいたんだけどなあ。
というか、募金された金額以上にギャラを払ってるんだからギャラを全部募金すればいいじゃんって言う意見はずーっと言われてきてるけど、24時間テレビだからギャラが高いんじゃなくて、普通の番組でも日々ギャラが発生してるんだから関係なくない!?普通の番組放送しても募金はそこまで集まらないけど、24時間テレビを放送することで2億円以上の募金が集まってるんですけど!!募金の使い道は番組内で紹介されてるし!!!

 

と、まあいろいろ、思うところがありました。
今回の24時間テレビもきっと良いところと悪いところはあったと思います。でも今までに健常者と障害者の違いの無さについてこんなに考えたことはなかったし、そのきっかけになったことは大きいなあ。募金もしたし!

それに手越さんはずっと「明るい24時間テレビにしたい」って言っていて。会見でも「明るい方を通じてやったほうがいろんな方に届きやすいのかな」と言って、バリバラの主張と一致していたように思えました。きっとグレースさんと一緒に企画を作ることで強くそう思えたのだろうなと感じられた分、製作者側にそういう考えの人がいたということがぜんぜん知られてないのがとても悲しい。手越さんの担当した企画が1番バリバラ寄りでとても面白かったのに。グレースさんがイッテQ企画をやったということよりも、バリバラでのヤラセ疑惑コントの方が広まっているのも悲しい。
だからこそグレースさんや実際に24時間テレビ39を見た障害者の方や関係者の方がどう思ったのか知りたいです。そして今回ちょっと良くなった(と私は思った)ように、来年もまた前進すればいいな、と思いました。バリバラの方たちが作る企画とか見てみたい!番組内であったおさむさんの企画やればいいのになあ。

 

少なくとも私は24時間テレビを見て良かったな、と思います。

 

 追記:ジャニオタじゃない方の24時間テレビの感想とか意見が読みたいのだけど、実際に24時間テレビ見たという人がぜんぜんいない!見てないのにこんなに書けるのスゲーな!!探し方が悪いのだろうか…。いろいろ探してみます。